なぜ高血圧になる?疑問をズバッと解決!

高血圧の症状には漢方薬が有効か

高血圧になると様々な合併症を引き起こす事もあるため、普段の生活から気をつける必要があります。
降圧剤の服用も効果を期待出来ますが、体質改善を目的とした漢方も高血圧の改善には有効と考えられています。
漢方はいろいろな種類がありますが、高血圧に効き目があるものとして、釣藤散や大柴胡湯、黄連解毒湯、桃核承気湯などが挙げられます。

釣藤散は末梢の血流を改善する作用があり、慢性的な頭痛に効果があるとされる漢方薬です。
高血圧や慢性期の脳血管障害に伴う頭痛によく用いられており、頭痛に伴うめまいや肩こり、不安焦燥感などの症状もあわせて改善していきます。

大柴胡湯は消化器系に不調がある人によく使われる漢方薬ですが、生活習慣病の治療においても、高血圧に伴う肩こり、頭痛、便秘、のぼせ感などの症状を改善するために用いられています。
また血中の中性脂肪やコレステロールを減らす作用もあるため、動脈硬化予防を目的に使われることもあります。

黄連解毒湯は体の熱や炎症をとり、機能の亢進をしずめる作用があります。
のぼせやほてり、イライラ感、不眠、動悸、あるいは高血圧にともなう頭重感や肩こり、めまい、耳鳴りなどに適応しますが、比較的体力がある人に用いられます。

桃核承気湯は女性特有の症状であるpmsや生理不順、生理困難、更年期障害によく使われる漢方です。
血のめぐりが悪くなって滞っている状態を改善する効果がある事から、更年期障害や動悸、さらには頭痛、めまい、肩こりなど高血圧の随伴症状も緩和させます。

このように高血圧の治療には漢方が使われる事もよくあります。
特に軽度の高血圧ならば、食事療法と漢方治療を取り入れることで、自律神経を安定させ降圧剤を服用する事なく改善出来る事もあります。
高血圧からくる不快な症状も緩和させる事が出来ますが、漢方には直接血圧を下げる効果はありません。
あくまで体のバランスを整え、体内環境を改善することで症状を根本的に治していくという事が目的になっています。

漢方と高血圧治療薬の併用は可能?

軽度の高血圧なら漢方でも改善させる事が出来ますが、重度になると降圧剤の服用は避ける事が出来ません。
気になるのは、漢方と高血圧治療薬は併用出来るのかという点ですが、漢方は体内環境を改善することが目的、直接血圧を下げる効果はないものの、降圧剤との併用で降圧の相乗効果を期待する事が出来ます。
さらに現在のところ、降圧剤と漢方で禁忌となる組み合わせはありません。
ただし漢方によっては含まれる成分の中で少し注意が必要なものもあります。

例えば多くの漢方に配合されている甘草は用法用量さえ守れば問題ないですが、過剰摂取する事でカリウム減少や血圧上昇などの副作用が出る事があります。
また気管支喘息や鼻づまりに有効な麻黄も過剰摂取する事で、興奮状態になったり、動悸、不眠、血圧上昇などの副作用が現れる場合もあります。

ただし、高血圧治療を受けている患者に対して、これらの成分が含まれている漢方を処方している病院も少なくありません。
よほどの過剰摂取でなければ短期間で血圧が上昇するリスクも低く、漢方によって得られる作用の方が良いと判断されての事です。
漢方にも副作用が無い訳ではないですが、必要以上に神経質になる事もありません。

しかし人によって高血圧の重症度は異なり、効果にも個人差はあります。
素人判断で勝手に漢方を服用する事で、体に不調が起きてしまう事もあります。
一番確実な方法は、降圧剤とともに漢方も併用したい旨を担当の医師に伝える事です。
そうすると自分の症状や体にあった漢方が処方され、何かトラブルがあった時にはすぐに相談して他に変更してもらう事も可能です。
また病院で処方された場合は保険適用となるため、経済的負担が軽くなるメリットもあります。

最新記事New Posts