なぜ高血圧になる?疑問をズバッと解決!

高血圧にはコーヒーが有効?因果関係とは

コーヒーばかり飲んでいると高血圧になるようなイメージがあります。
それはコーヒーに含まれるカフェインが関係していることからそのように思われています。
実際にカフェインを摂取すると血圧は上昇します。
カフェインによって交感神経が刺激され、心臓や血管の収縮力が強くなり、心拍数も高くなることで血圧が高くなると言うことです。

血圧が上がることが高血圧であると言うことにはなりません。
血圧の上昇が一時的だった場合、数時間で元の血圧に戻ります。
軽い運動と同じことで、興奮状態にあるだけなので、それが収まることで元に戻っていきます。
カフェインによる血圧上昇も同じ原理なので心配する必要がありません。

アメリカではこの件について看護師健康調査と言う追跡調査が行われました。
約12年もの間、約3万人の女性に対してコーヒー、紅茶、コーラを飲むことによって高血圧になるかを調査したものです。
コーヒー、紅茶、コーラが選ばれた理由に全てカフェインを含んでいると言うことがあります。
つまり、カフェインを摂取することで高血圧になるリスクがあるかと言うことが研究のテーマです。

看護師健康調査で分かったことは、カフェインに高血圧との因果関係はないと言うことです。
1日4杯以上のコーヒーを飲んでいる場合、高血圧になるリスクが下がったと言う傾向は見られました。
しかし、紅茶については年齢が低い層では血圧の上昇が見られました。
コーラについては摂取量によって高血圧になるリスクが高まると言うものです。

このように同じようにカフェインを含むものを飲むことで、必ずしも高血圧になるとは限らないと言う研究結果が発表されています。
コーヒーを飲むことで高血圧になることはなく、むしろ高血圧になるリスクを下げる効果が期待できると言うことです。
もしカフェインによる高血圧を心配して飲むのを控えていた人がいれば、これからは我慢をしないである程度の量であれば飲んでも大丈夫です。

コーヒーと血圧が下がるのは関係ない?

コーヒーを飲むことで高血圧のリスクが低減すると言う検査結果が出ています。
それはコーヒに含まれる成分によります。
コーヒーにはカフェイン以外にもポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールには動脈硬化を抑制することや糖尿病のリスクを下げることなどのメリットがあると言われています。
そのためポリフェノールの含まれる赤ワインが体に良いと言うのは良く耳にする話です。
コーヒーも同じように効果があると言うことです。
そのほかにもチョコレートやココアなどにも多く含まれています。
ポリフェノールは抗酸化作用によって心臓の疾患である心筋梗塞や循環器などの生活習慣病を予防する働きもあります。

ただし、ポリフェノールを含むからと言って、それを含むコーヒーを飲んでも血圧が下がることはありません。
高血圧の原因となる動脈硬化などを予防することができることから発症のリスクを減らすだけで、血圧が下がるわけではありません。
高血圧に良いからと言うことで無理に飲み過ぎてしまうと、かえって大変なことになります。
コーヒーに含まれているカフェインは中毒症になる恐れがあり、短時間で大量のコーヒーを飲むと急性カフェイン中毒になります。

1日に飲んでも問題ないコーヒーの量は4杯までです。
また、ほかに紅茶やコーラなどを飲む場合にはその分を減らして飲んだ方が安心でしょう。
何しろ重要なことはカフェインの摂取と高血圧には因果関係はないと言うことです。
また、常習的にコーヒーを飲んでいる方は、一時的に血圧が上昇することもなくなります。
それを血圧が下がる効果と勘違いしてしまうと思わぬ落とし穴になります。
血圧を下げるためには他の方法で対応した方が良いでしょう。

最新記事New Posts